蝶のステンド① – 構想・デザイン

image

構想・コンセプト

何となく、蝶のステンドが作りたくなった。


小さめのサイズで、ケイムはFH3sを使う。

FH3は初めて使う。一番幅が細いケイムなので、これでどこまで組めるか、試してみたい。



デザイン

image

ウェブで探せば無数に蝶の画像が出てくる。それを見て、Illustratorで沢山ラフを書く。



image

その中から、良い感じに描けたものを抜き出し、向きを揃える。一方向に揃って飛んでいく感じのイメージにしようと思う。


これを、この感じをできるだけ損なわないように、そのままステンドのデザインに落とすことを目指す。となると、とりあえず背景を考えなければならない。


image

ロサンジュにしてみようと思う。斜めの角度は60度に。


image

そこに蝶をとりあえず配置。


image

線を整えて、背景との関係性を微調整。やはり、線が単純になるこの段階で、蝶っぽさが結構失われてしまった。


image

小笠原伯爵邸のように、左右対称でもう一枚配置するデザインにしてみようと思う。


線書きはとりあえず完成。パネルのサイズはW:240mm×H:360mmとする。ピース数は一枚で。172ピース。




ガラス


イエローとクリアの2色の予定。


image

ココモのロンデライト・イエロー。色がビビッドでテクスチャも派手なガラス。


クリアは、ニューアンティークを予定している。




次回、デザインの見直し・製図・ガラスカットの順に進めていければと。ピース数が少なめなので、早々に仕上げたいところ。



関連する記事 - Related Post

ダーウィン D.マーティン邸スタイル ①デザイン【フランク・ロイド・ライト】

フランク・ロイド・ライトのダーウィン D.マーティン邸 先月ご紹介したフランシス W.リトル邸に続いて、今回もライトのスタイルを取り込んだステンドグラスをデザインしてみる。 今回のターゲットはダーウィン D.マーテ...…
続きを読む

フランシスW.リトル邸風①デザイン【フランク・ロイド・ライト】

フランク・ロイド・ライトとステンドグラス フランク・ロイド・ライト(Frank Lloyd Wright)は、世界的に有名なアメリカ人の建築家である。有機的建築という、自然との調和を重んじるスタイルを提唱し、数々の名...…
続きを読む

【ステンドグラスパネル製作】シカの頭の骨① - デザイン

構想・コンセプト 以前に制作した、背景に円を敷き詰めたパネルをもう一枚制作したい。このパネルだ。 円が敷き詰められたパネルは、ステンドグラスのデザインとしてはありがちのもの。...…
続きを読む

東京にあるオススメのステンドグラス・ベスト5

あくまで個人的な好みだが、東京で見たステンドグラスのベスト5。 公共の場にあるステンドグラスで、わざわざ休日を使って見に行く程の価値があるものは、そんなに多くはない。 ...…
続きを読む

 Comment

メールアドレスが公開されることはありません。