ガラスカットのコツ【これさえ分かれば多分OK】

DSC06266ss.jpg

ステンドグラスを始めて一年ほど経ちますが、ガラスカットはえぐりの曲線が切れれば何でも切れるんじゃないかと!(特殊な形はのぞく。)


・・・と言う訳で、丁度良い感じの型紙があったので、自分なりの上手に切る手順を残しておきます。


ガラスカットの基本。直線と曲線

ガラスをカットする一連の動作は、もう少し細かく見ると以下の段階から成ります。
・ガラスに型紙を当て、油性マジックで型紙のラインを引く。
・ラインの内側に沿って、ガラスカッターでガラスに傷(スコア)を付ける。
・ガラスにひびを入れ、そこから割る。


そして直線曲線


大きく分ければこの2種類のカットがありますが、直線は比較的簡単です。ガラスカット用の定規を当て、奥から手前に引いて切ります。きちんと正しい位置に定規を当て、正しい力・角度でカッターを走らせれば、あまり失敗はありません。


一方で曲線は、定規を使わず、手前から奥へ押して切ります。フリーハンドで行うため、完璧に線通りに切ることは難しく、また割る際に良からぬ方向へスコアが走ることもあります。


<直線が引きで、曲線が押しな理由>

直線が引き・・・例えば、カッターで紙を切る際には、押して切る人はいない。自然にそうなる。そんな理由。あと、力が入り易い。

曲線が押し・・・コントロールが難しく、刃先を見ながら慎重に切ることになる。ガラスカッターの持ち方にもよるが、引いて切ると刃先とガラス面との接点が見えない。見て切る必要があるから。


カットに使う道具は、基本的にガラスカッターだけです。割る際は基本的に手(右手親指の腹の下、IP間接の部分)で割ります。コツは、スコアが入ったラインの片側を手で持ち、裂いてスコアを走らせるイメージでガラスを割ることです。その際、左右にガラスを引っ張って離すイメージも持つと良いでしょう。但し、細かいピースは手で割れないため、プライヤーを使用します。また、タッピング(スコアの裏側を、ガラスカッターの反対側の丸いところを使ってガラスを叩き、ヒビを入れる)は行いません。プライヤーで十分だからです。



ガラスカッター

MITSUBOSHI M16 Normal Wheel、APIO

先に鋼鉄製の小さなホイールが付いた、オイルカッターです。

Image

ブレーキングプライヤー(BREAKING PLIERS) 通称「ワニ口(わにぐち)」

独BOHLE社 Knipex

グロージングプライヤー(GROZING PLIERS)とも言うようです。

スコアに沿ってガラスを切り離す際に使います。


下の写真で言うところの、内側が曲線になっている部分を下にしてガラスをはさみ、ガラスを割りとります。先が細くなっているタイプの製品もあり、細かい箇所の割り取りに重宝します。できれば両方揃えておきたいところです。

Image

ランニングプライヤー(RUNNING PLIERS)

独BOHLE社 Silberschnitt

スコアに沿ってヒビを走らせるために使います。


右側の中央に突起があるパッドを下側にし、ガラスのスコアの真下に入れて挟み、ゆっくりと握ってスコアを走らせます。(使用例:YouTube

最近使い始めました。良い感じです。

BOHLEアングルカーブプライヤー - Yahoo!ショッピング Image

手順

一つのガラスピースを何回かカットして切り出す際の、具体的な手順を見ていきましょう。


先ず考える

どのような手順で切るか、少し考えましょう。失敗する時は、大概は闇雲に進めた時です。

原則、切るのが難しい箇所から順に切ります。失敗するなら早い段階の方が良いからです。


カットラインを引く

型紙をガラスに当て、油性ペンでカットラインを引きます。カットラインを引かず、ガラスと型紙のわずかな段差にカッターの刃を当てて切る方法(ストロングスタイル)もありますが、今回の場合は複雑な形なので、普通にカットラインを引いてその内側をカットします。

Image

その際、右図③のように、直線部分をガラスのへりの直線に当てたくなります。


が、そうすると、②の部分をカットする際に赤丸の箇所が欠けやすいため、ガラスのへりより内側に少し離して当てます。

Image


難しい順にカットする

⑤→②→①→⑥→④→③の順にカットします。

これは、えぐりがキツイ順です。


例えば、④を先にカットしてしまうと、⑤をカットする際に赤丸の箇所が結構な確率で欠けます。これを避けるために、カットする順番は大事です。

また、時間的な意味でも、難しい順にカットした方が効率が良いです。最後に難しいカットを残し、そこを失敗すると、それまでの作業時間とガラスが無駄になってしまいます。


今回、⑤②の箇所はカッターでスコアを入れた後、ランニングプライヤで弧の両側でヒビを少し走らせた後、手で割り取りました。

Image
Image Image

2段階に分けてカットする

続いて①です。ここを一発でカットすると、そこそこの確率で赤丸の部分から割れてしまいます。それを避けるために、赤線の部分で一旦カットします。


Image
Image

そして本番です。割れずに綺麗に切れます。

右側からカッターを入れ、割る際も右側から割り取ります。今回はワニ口を使用しました。

Image

⑥も同様にカットします。


ガラスをカットする際、「使う側」と「捨てる側」ができますが、図の⑥の上部のように、「捨てる側」の面積が広い場合、このままカットして割ると、おそらく赤丸の箇所当たりで「使う側」にヒビが入ってしまいます。これが、ガラスをカットする際にとても重要な、小さい側が割れるの法則です。


従って、必ず、「捨てる側」を「使う側」より小さくしておいて、最後、カットラインに刃を入れると良いです。

Image
Image Image

後は簡単に切れますね。


この程度の簡単なカットは、カッターでスコアを入れたら、工具を使わず手で割ってしまいます。手で綺麗に割れますし、工具を持ち替える時間も掛からず効率が良いです。


その際、薄手のグローブをしていれば、手を切ることなく安全に行えます。


ガラスは、基本的には手で割る。ガラスが非常に大きい場合は作業台の角で割る。ピースが小さい場合やきつい曲線の場合はプライヤーを使って割る、と覚えると良いでしょう。

Image Image

終わりました

このガラスはケイムを使ったパネルで使用するため、ガラスの際から1~2mm程はケイムに隠れてしまいます。従って左上の箇所は欠けていてもOKです。

Image




お役立ちサイト

Glass Cutting - YouTube

ブルズアイ社の公式です。英語ですが、画質も良く、大いに参考になるかと思います。


ガラスカット集中講座

達風さんです。めちゃくちゃ参考になります。ボーレのプライヤーはここを見て購入しました。ここで学んだことを上でそのまま言ってたりします...。


最後に

ガラスカットは、きちんとした道具を使い、正しい手順を踏み、ある程度の経験を積めば、正確に、ガラスのロスが少なく切れるようになります。先ずはそこを目指し、その後、必要に応じてスピードをつければ良いと思います。


少し経験を積んで上手に切れるようになれば、カットが楽しくなり、加速度的に上達することでしょう。


また、ガラスカットは、個々人の体型や腕力によっても方法が少し違ってきますので、自分の「型」を見つける事も、上達への近道かと思います。




 Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連する記事 - Related Post

黄金比を使ったステンドグラス(デザイン・ガラス選び編)

先日ご紹介した新構成学にも出てきた「黄金比」、をつかったステンドグラスパネルを作成する試みです。先ずはデザインから。 さて、どんなものができるでしょうか。 黄金比とは? 黄...…
続きを読む

黄金比を使ったステンドグラス(制作編)

前回のデザイン・ガラス選び編 の続きです。 ガラスと鉛線と組み合わせて形にしていき、完成させます。 ガラスカット デザイン画を原寸に拡大して下紙を作り、下紙から型紙を作ります。そして型紙...…
続きを読む

ゲオルグ・マイスターマン

ゲオルグ・マイスターマン ゲオルグ・マイスターマン(Georg Meistermann 1911‐1990)は、20世紀を通して精力的に活動した、ドイツ人のステンドグラス作家。ドイツの現代ステンドグラスを...…
続きを読む

ルートヴィッヒ・シャフラット

ルードヴィッヒ・シャフラット ルードヴィッヒ・シャフラット(Ludwig Schaffrath 1924-2011)は、ドイツ人のステンドグラス作家で、シュライターらと並んで現代ステンドグラスの第一人者と...…
続きを読む

フランク・ロイド・ライトのステンドグラスについての考察

建築家フランク・ロイド・ライト 本題であるステンドグラスの考察の前に、先ずは彼の建築家としての位置付けとその生涯を、簡単に記す。 フランク・ロイド・ライト(Frank Lloyd Wri...…
続きを読む

新 構成学 - NEW THEORY OF ART AND DESIGN

三井秀樹さんという方が書かれた、「新 構成学 - NEW THEORY OF ART AND DESIGN」 という本を読みました。 ステンドグラスのデザインに大いに役立ちそうなので、要点のまとめ...…
続きを読む