2液を使ったステンドグラスの習作 – 制作~完成・評価

image



ガラスカット・研磨

前回まででデザイン・製図・ガラスが決まっているので、今回はガラスカット・組み等を行い、完成を目指す。


image

先ずはガラスカット。今回は、白いガラスだけは複雑なカタチをしているが、それ以外は特に何てことのないカタチ。


image

ガラスカット・ルータでのガラス研磨が完了。


白いピースの無理のある形の箇所は、ガラスカッターで粗く切った後に、ルーターでかなり削っている。手間はかかるが、ピース数が少ないので大したことはない。




組み・ハンダ

image

内側をFH6で組む。直線はハード、曲線はソフトを使用。


image

組み終えて、表裏の点ハンダまで終わったところ。光にかざしてみる。


image

これはこれで悪くない。




2液・ハンダ、パテ入れ・仕上げ

さて、ここからが本番の作業。ケイムを2液で張り付けていく。

image

張り付けるケイムの加工。3mmケイムの芯をこのようにニッパーで切り、上下の面だけを張り付けに使う。6mmケイムも同様。


30分で硬化が始まるという時間の制約があるため、張り付けは時間との戦い。きちっとケイムをカットして、形を整え、全てを張り付ける箇所に当ててみる必要がある。入念な事前準備がとても大事。


image

先ずはパネルの真ん中の部分に6mmケイムを張り付ける。この画は、張り付け終え、点ハンダで固定した直後。


2液は、ガラス面だけに塗り、上からケイムを乗せるようにして張り付けた。初めてなので仕方がないが、2液が大きくはみ出たり、色んな箇所に付いてしまっている...。


混合後、30分程度で硬化が始まり、60分後にはほぼ硬化が終わるタイプの2液を使っている。まだ固まり切っていない段階であれば、カッターなどで比較的容易に樹脂をカットできるので、できるだけそうしておいた方が良い。


ガラスに付いた2液は何とかして除去すれば良いだけのことだが、ケイムに付いたものはそうはいかない。ケイムにこの透明な樹脂が付着すると、その箇所を特定するのがかなり困難なのだ。全面ハンダの際の妨げになるので、先ずは付かないように細心の注意を払うことが大事。


image

次に3mmのボーダー部分の張り付け。このようにガラスに2液を塗り、その上にカットしたケイムを乗せていく。


ケイムを等間隔でズレのないように張り付け、乾いたころに点ハンダを施す。ケイムは芯を残してあるが、その芯の残し具合も大事なことが良く分かった。周りの高さと合わせるか、少し低くする必要がある。周りより高くなってしまうと、平置きした時に安定性を欠いてしまうのだ。


image

表面だけ張り終えたところ。裏面も同様の作業を行う。


30分の作業時間で全てのケイムを張り付けるのは厳しいので、表は、真ん中・左・右の3回に分けて一連の処理を繰り返した。


image

両面の張り付けが完了。


中央の白ガラスの箇所は、下紙があまり透けない。表は下紙と多少ずれても良いが、裏は表と合わす必要があるので、その点が難しい。裏は、今回は時々裏返して光にかざして確認しながら、ずれないように合わせた。


image

全面ハンダを施していく。


案の定、2液が付着してしまった箇所にはハンダが一切乗らない。ただ、溶けたハンダの温度で樹脂が溶けてしまうことはなく、柔らかいゴム状に剥がれてくれるので、その都度2液を剥がして全面ハンダしていけば、何とか終えることはできる。


image

両面の全面ハンダが完了。3mmケイムの箇所は悪くないが、真ん中の6mmケイムのところはあまり綺麗ではない。


一番気になっていたことの一つ、ハンダの熱による、2液が硬化してできたエポキシ樹脂への影響は、特に見られなかった。ハンダの熱で溶けたり異臭を発することがなかったのだ。これは意外だった。


image

ハンダ後、熱湯と中性洗剤でパネルを良く洗い、乾燥後にパテ入れをして5日程放置。そのあと、軽くケイムとガラスを掃除して、硫酸銅でのケイム腐食作業を。


この辺りはいつも通りの作業。2液で張り付けた箇所のケイムも、特に普通にパテ入れをしてある(普通にパテ入れができた)。


今回のケイムの腐食具合は、可もなく不可もなくといった感じ。この後、ガラスをクリーニングして、無事完成。




完成

image

夕方の、弱めの西日にて。


image


image


image


image


image


image




振り返り

想定通り完成することはできた。トピック別に振り返ってみる。


このテクニックはどこまで使えるのか。

今回が初めてなので手間取ったというのはあるが、使うことにより、時間短縮になることはあまりない気がする。どうしても2液を使ってしたい表現がある時のテクニックと考えるべきだろう。


使い勝手、メリット・デメリット。

どうしても2液がケイムからはみ出して、ガラスに付いてしまう。これは避けられない。そのクリーニングがかなり大変だ。ケイムに付くと尚更大変で、全面ハンダが汚くなることは確実だ。


2液の量を極力少なくすることで、ある程度は回避できると思うので、今後はその点に注意を払いたい。今回使った量の半分以下でいける気がする。


また、今回は行わなかったが、順序として、事前にケイムに全面ハンダを施しておいてから、それを張り付けた方が良いのかもしれない。そうすれば、少なくとも張り付けるケイムの表面への2液の付着はあまり気にせずに済む。ただ、そうすると、ケイムへの腐食時に影響が出そうだが...。全面ハンダ時に苦労するよりはマシだろう。


今回は、3mmケイムの箇所の仕上がりが悪くなかったので、それが良かった。3mmのケイムで組むのはかなり大変なので、3mmケイムの張り付けは使えるな、という感触を得ることができた。


このテクニックにより表現の可能性はどの程度広がるか。

広がるとは思うが、積極的に使うのではなく、必要に迫られて使うものなのだろう。あくまで補助的なものだ。





2液とは関係なく、ステンドグラスとしての仕上がりに関しては、3mmケイムのボーダーの箇所はあまりステンドグラスっぽくないなと思った。何か他の方法、真鍮の枠を使ったりしても代用できそうな気がする。ガラスは、3色とも相変わらず綺麗だった。


技術的には、張り付けの6mmケイムを全面ハンダするときに、ケイムを溶かしたのがマズかった。ハンダごてを一か所に止めず動かしていたつもりだが、結果的に一か所に熱が加わり続けてしまい、溶かしてしまった。当たり前のことだが、肝に銘じて同様のミスを繰り返さないようにしたい。あとは、極小ピースが潰れ気味なのが良くなかった。




試してみたいテクニックのようなものがいくつかあって、習作を繰り返しているが、毎回学ぶことが多い。今回も大いに勉強になった。近々、また別の習作を作る予定だ。今度のテーマは、「サンドブラスト」だ。


関連する記事 - Related Post

2液を使ったステンドグラスの習作 - 構想・デザイン

構想 ガラスピースとケイムを交互に組み合わせて図柄を創るのがステンドグラスの基本だが、今回はそれに反したことを試みる。 2液というのは、エポキシ樹脂を主成分とする2種類の液を混合し...…
続きを読む

街で見かけた素敵な柄をステンドグラスで再構築02-制作

製図 前回までで、完成イメージとサイズ感が固まっているので、今回はその続き。先ずは製図から。 ガラスの形は...…
続きを読む

ロンデルを使ったステンドグラスデザインの習作

カタルーニャ音楽堂 ロンデルというガラス 現在、板ガラスとして広く使われているフロートガラスは、1960頃から一般に使われるようになった。それまでは、職人の手によって宙吹きされ、それを平らにしたガラス、今で言う...…
続きを読む

シュライター 02

ガラス決め 前回までで、シュライター風ステンドグラスの線と色まで決まっている。 今回から制作に入るが、先ずは具体的なガラスを決めていきたい。 Wissmach Ha...…
続きを読む

 Comment

メールアドレスが公開されることはありません。