image




ドイツのステンドグラス作家、ヨハネス・シュライターのステンドデザインを下敷きにした、よりケイムの線を自由に配置した習作。






image

線画。





<サイズ>

 W:200mm×H:200mm

 20ピース


<使用ガラス>

 ココモ ロンデライト クリアー

 ココモ KO120

 ランバーツ オパック ライトブルー

 Wissmach Hammered Red ウィズマークのハンマード赤


<使用ケイム>

 マツムラメタル FH12h、FH6h、FH3s、FH4s


<その他>

 両面ハンダ: 6:4ハンダ

 両面パテ: 関西パテ化工白パテ+松煙

 硫酸銅(Ⅱ)五水和物粉末の15~20%くらいの溶液で両面を腐食処理


<制作過程>

 シュライター 01

 シュライター 02







Image Image Image Image Image Image Image Image

Last Update: 2018.01.06 Sat

 Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連する記事 - Related Post

蝶の群れ

ロサンジュ(菱形)をバックにして舞う蝶をモチーフにしたパネル。 内側3mm幅のケイムのみを使用。  W:240mm×H:401m...…
続きを読む

蝶(3mmケイムサンプル)

3mmケイムを使用した試作品。  W:120mm×H:106mm  19ピース  ココモ ロンデライト・イエロー KR...…
続きを読む

鹿の王

連続した円を背景にし、中央に鹿と王冠のモチーフを配置。 試作品。  W:483.5mm×H:720mm  420ピース ...…
続きを読む

M様邸・欄間

連続した円を背景にし、中央に狐を配置。 外の光が直接当たらない洗面所上の欄間へ設置されるため、少ない光でも色が良く出るような、透過性がある程度高いガラスを使用した。 ...…
続きを読む

フランシスW.リトル邸風サンプル

フランク・ロイド・ライトによって1912年にデザインされた、フランシス W.リトル邸という建物のステンドグラスの要素を使ったサンプルステンドグラス。 ラインはすべて直線で、水平垂直と斜め45度のラインしか使われていない...…
続きを読む