Blog - ステンドグラス極道日記

何れ菖蒲か杜若01

花モチーフ 普段は、趣味や仕事でステンドグラスのデザインを描いているが、ほとんどは抽象的、記号的、幾何学的なものばかりだ。理由は、建築物に合うステンドグラスは、基本的にそのようなシンプルな飽きの来ないものだから。 だから逆に、かつ久々に、もう少し具象寄りのモチーフのステンドを作ってみたくなった。しか ...
 続きを読む
ステンドグラス, デザイン
2018.07.31 Tue   2週間前

ホーリーホックハウス by フランク・ロイド・ライト

ホーリーホックハウス ホーリーホックハウス(Aline Barnsdall Hollyhock House)は、カリフォルニア州のロサンゼルスにある、フランク・ロイド・ライトが設計した建物。アリーン・バーンズドールという女性の依頼を受けて、1921年に建設された。ハリウッドからほど近い高台に造られた ...
 続きを読む
FLW, デザイン
2018.07.30 Mon   2週間前

ステンドグラス・パターン・デザイン04

ステンドグラスのパターン(柄)デザインを淡々を描いていくシリーズ、その4。 過去に描いたパターンは以下から。 ステンドグラス・パターン・デザイン01 ステンドグラス・パターン・デザイン02 ステンドグラス・パターン・デザイン03 デザインとその過程 六角形の中に、色んな線を引く。 敷き詰める。 間引 ...
 続きを読む
デザイン
2018.07.28 Sat   3週間前

ブラッドリー邸 by フランク・ロイド・ライト

ブラッドリー邸 ブラッドリー邸(B. Harley Bradley House)は、フランク・ロイド・ライトがステンドグラスのパネルを建物に入れた、最初期の建物である。1900年にイリノイ州のカンカキーという場所に建てられた。 過去にはレストランや宿屋として使われていたこともあったが、現在は非営利団 ...
 続きを読む
FLW, デザイン
2018.07.27 Fri   3週間前

ステンドグラス・パターン・デザイン03

ステンドグラスのパターン(柄)デザインを淡々を描いていくシリーズ 、その3。 過去に描いたパターンは以下から。 ステンドグラス・パターン・デザイン01 ステンドグラス・パターン・デザイン02 デザインとその過程 正方形を等間隔で並べる。 それを、互い違いに並べると、小さな正方形ができる。 45度回転 ...
 続きを読む
デザイン
2018.07.21 Sat   4週間前

木内真太郎のステンドグラス

木内真太郎 先日訪問した旧家で触れたステンドグラスが、木内真太郎作ではないか、と思ったのをきっかけに、彼の事を少し掘り下げてみようと思った。 木内真太郎(1880-1968)は、大阪の裕福な家に生まれた。幼少期から、東京の知人宅に預けられたり、母親の逝去や父親の破産に見舞われたりと、色々あったようで ...
 続きを読む
ステンドグラス, 雑記
2018.07.10 Tue   1か月前

108年前の日本製ステンドグラスに学ぶ

都内某所にて 先日、赤坂にある某邸宅に伺い、ステンドグラスのパネルを開口から取り外す作業に携わった。 家を取り壊してしまうのだが、ステンドグラスは外して、また別の場所に嵌められるまで一旦保管しておきたいとのご要望。家主の方曰く、ステンドグラスが制作されたのは1910(明治43)年頃。当時、大阪にあっ ...
 続きを読む
ステンドグラス, 雑記
2018.07.01 Sun   2か月前

小川三知のステンドグラス

小川三知 小川三知(1867-1928)は、戦前に多くのステンドグラス作品を遺した、日本人初のステンドグラス作家と言える人物。世に知られた日本人のステンドグラス作家としては、業界内外問わず、おそらく最も有名な人物だろう。 彼は家業の医者を継ぐべく第一高等中学校(現東京大学)へ入学するが、絵画への憧れ ...
 続きを読む
ステンドグラス, 雑記
2018.05.29 Tue   3か月前

東京メトロ副都心線のステンドグラス

東京メトロ副都心線 東京メトロ副都心線は、池袋・新宿・渋谷の三大副都心を縦断する東京の地下鉄。2008年に全線が開通して以来、年々利用者が増加している。ラインカラーは「ブラウン」。 その、渋谷~池袋間の8駅には、「活力(ENERGY)」をテーマにした14点のパブリックアートが設置されている。その内、 ...
 続きを読む
ステンドグラス, 雑記
2018.05.28 Mon   3か月前

ゲオルグ・マイスターマン

ゲオルグ・マイスターマン ゲオルグ・マイスターマン(Georg Meistermann 1911‐1990)は、20世紀を通して精力的に活動した、ドイツ人のステンドグラス作家。ドイツの現代ステンドグラスを語る際には外すことができない程の重要人物として、知られている。 刃物の町として有名なゾーリンゲン ...
 続きを読む
ステンドグラス, 雑記
2018.05.24 Thu   3か月前