Blog - ステンドグラス極道日記

ケイムで組むランプシェード2【その4】【完成】

【その3】に続いてケイム組みのランプシェードです。 前回で組みが終わり、今回はハンダ付けから完成までです。 Contents1 全面ハンダ - The entire surface of the solder2 仕上げ - Finish3 完成 - Completion4 ギャラリー - Galle ...
 続きを読む

ケイムで組むランプシェード2【その3】

【その2】に続いてケイム組みのランプシェードです。 今回は、前回の組みの途中から組み上がるまでです。 組み - Assembly さて、7段目、8段目、9段目の順で組み進めてきて、下3段のガラスが入った状態です。 しっかりと形を整えて、ケイムの接点をハンダで固定します…
 続きを読む

ケイムで組むランプシェード2【その2】

【その1】に続いてケイム組みのランプシェードです。 今回は、ガラスカット~組みの途中までまで。 相変わらず前回からかなり時間が経ってしまいましたが、なんとかここまできました。 ガラスカット - glass cut 先ずは型紙をケント紙に印刷し、正確にカットします。赤…
 続きを読む

若冲から読み解く、創作に必要なモノ。

若冲から読み解く、創作に必要なモノとは? 若冲の絵を見ていて、そんなことを色々と考えた。 記憶が薄れない内にメモっておこうと思う。 Contents1 イマジネーション2 構図3 クオリティー4 想い5 こだわり6 まとめ イマジネーション 江戸時代の京の町で、若冲はどんな…
 続きを読む

ステンドグラスの仕事を続けるには

運良くステンドグラスに関わる仕事に就けたとして、それを継続していくための心掛けなどをまとめてみた。 仕事に就くよりも続けることの方が難しいと思う、今日この頃。この記事は、自分自身の今後を考えるきっかけ・道標でもある。 Contents1 はじめに2 ステンドグラ…
 続きを読む

若冲展へ行ってきたら色々と凄かった件

伊藤若冲の展示を上野の東京都美術館まで見に行ってきた。 2時間半並んだけど、まあ十分にその甲斐はあったかな。 Contents1 伊藤若冲2 若冲展@東京都美術館3 感想 伊藤若冲 「若冲の前に若冲なし、若冲の後に若冲なし」 そんな言葉で称される程の、江戸時代に活躍し…
 続きを読む

村上隆の五百羅漢図展2016 - その9【最終回】

9回に渡って長々と連載してきましが、今回でやっと最終回です。 なんだかんだ言っても、今回の髑髏の絵が一番好きです。 Contents1 萌える人生を送った記憶2 知りたくなかったことであったのだが、、、実は、、、死んでも、魂は生き続けるらしい。そんなに、、、何万年…
 続きを読む

村上隆の五百羅漢図展2016 - その8

まだまだあります、村上隆の最新作です。 2015年だけでどんだけ描いてるんだか・・凄い量だ。。 Contents1 シンプル2 見返り、来迎図3 村上隆のスーパーフラット・コレクション シンプル 南無八幡大菩薩2015年 アクリル、カンバス、アルミニウム・フレームにマウント…
 続きを読む

村上隆の五百羅漢図展2016 - その7

今回も引き続き、村上隆の最新作等をご紹介します。 相変わらず密度が半端ないです。 Contents1 DOB2 獅子3 鬱屈した感情 DOB 宇宙の深層部の森に蠢く生命の図 - 消失点の無い世界 その手に触れる異次元 2015年 アクリル、プラチナ箔、カンバス、アルミニウム・フ…
 続きを読む

村上隆の五百羅漢図展 - その6

今回は、五百羅漢図以外の絵、村上隆の最新作等をご紹介します。 Contents1 7727722 「絵難房」改め、、、「笑!難。。。茫]3 荒城の月、他4 違和感 772772 「772772」というタイトルの絵です。2015年 アクリル、金箔、カンバス、板にマウント 300 × 450 cm 極彩 ...
 続きを読む
Top