Blog - ステンドグラス極道日記

ルートヴィッヒ・シャフラット【ステンドグラスデザイン】

ルードヴィッヒ・シャフラット ルードヴィッヒ・シャフラット(Ludwig Schaffrath 1924-2011)は、ドイツ人のステンドグラス作家で、シュライターらと並んで現代ステンドグラスの第一人者として知られている。 日本でも、ステンドグラス関係者の間では馴染みが深く、J…
 続きを読む

サイト改修メモ

本サイトを新しく作ってから、一年が経った。それを機に、デザイン変更や機能追加を行ったので、今回はそのメモ書き。 技術的な話も含まれるので、かなり自分向けの、備忘録的なものである。あしからず。 Contents1 ヘッダ画像・メインメニューの変更2 コメントのサイ…
 続きを読む

ステンドグラス・パターン・デザイン02【正円・楕円】

前回に続き、今回もステンドグラスのパターンを描いてみる。 今回は、幾何学的な曲線(正円、楕円)を加工したパターンだ。 デザインとその過程 垂直に対して30度傾けた線でロサンジュ(菱形)を描き、菱形に内接する楕円を描く。このとき、内接点が斜線の交点の中心に…
 続きを読む

ステンドグラス・パターン・デザイン01【正方形・正六角形】

ステンドグラスのパターン ステンドグラスでは、パターン(繰り返しの柄)のデザインが良く用いられるが、今回はそのパターンを幾つか描いてみる。 全くの自由曲線で出来た柄は難しいのでまた別の機会にとっておくとして、今回は幾何学的な柄、特に直線系の柄を。 直線…
 続きを読む

ヨハン・トルン・プリッカーのステンドグラス【ステンドグラスデザイン】

ヨハン・トルン・プリッカー Johan Thorn Prikker(ヨハン・トルン・プリッカー 1868-1932)は、19世紀から20世紀にかけて活動したアーティストで、専らオランダ象徴派の画家として知られている。母国と、後に移り住んだドイツに、さまざまな種類の優れた作品を残して…
 続きを読む

縦長のステンドグラス・デザイン

縦長のステンドグラス 建具(ドア)や、建具の脇(袖、建具袖)にステンドグラスを入れる場合、全面に入ることも勿論あるが、建具自体の機能や素材感を活かしつつ、その一部に縦長な矩形のステンドグラスを入れることが、しばしばある。 下の図のようなイメージだ。 縦…
 続きを読む

サンドブラストを使ったステンドグラスの習作01

構想 ガラスの表面に何らかの加工を施して魅せる技法としては、以下のようなものがある。 絵付け その名の通り、専用の絵の具でガラスに描いて焼き付ける。仕上がりはフラット。 フュージング ガラス同士を溶かして融着させる。乗せたガラスの分、盛り上がる。 接着(…
 続きを読む

ロビー邸 by フランク・ロイド・ライト

ロビー邸 今回紹介するロビー邸(Robie House)は、ライトの設計した建築としてはかなり有名なもの。ライトが提唱するプレイリースタイル(Prairie Style:草原様式 )の代表作として良く知らている。 下のYouTubeの映像を見ると分かるが、個人の住宅?とは思えない程…
 続きを読む

2液を使ったステンドグラスの習作 - 制作~完成・評価

Contents1 ガラスカット・研磨2 組み・ハンダ3 2液・ハンダ、パテ入れ・仕上げ4 完成5 振り返り ガラスカット・研磨 前回まででデザイン・製図・ガラスが決まっているので、今回はガラスカット・組み等を行い、完成を目指す。 先ずはガラスカット。今回は、白いガラス…
 続きを読む

クーンレイ・レジデンス by フランク・ロイド・ライト

クーンレイ・レジデンス 今回取り上げるのは、以前に取り上げたクーンレイ・プレイハウスと同じく、「クーンレイ」の名を冠した建物で、クーンレイ・レジデンス(Coonley Residence)や、エイヴリー・クーンレイ・コンプレックス(Avery Coonley Complex)、クーンレイ…
 続きを読む
Top