Blog - ステンドグラス極道日記

蝶のステンド③ – 組み・ハンダ

組み 前回でガラスカットまで終わっているので、今回は組みから。 下紙の通りに、下から順に組んでいく。 ここで初めて気付いたのだが、今回使用しているFH3は、上面と下面の厚さが全然違うものが含まれている。この写真でも分かる通り、左側は右側の1/3倍くらいしか厚みがない...。 使用したケイム全てがそう ...
 続きを読む
ステンドグラス制作
2017.08.26 Sat   2年前

蝶のステンド② – 製図・ガラスカット

製図・デザイン修正 前回のデザイン画を元に、Illustratorで製図をする。 製図をすると分かることが沢山ある。初期デザインの段階では細部まで考えずに書いているが製図をして番号を振ると、無理のあるガラスの割りが見つかったり、より良くなる画を閃いたりする。 サイズを W204mm×H401mm・1 ...
 続きを読む
ステンドグラス制作
2017.08.19 Sat   2年前

3mmのケイムで組むステンドグラス

Contents1 3mm幅のケイムで組む2 ガラスカット・組み3 ハンダ4 パテ・仕上げ→完成5 振り返りなど 3mm幅のケイムで組む 普段使っているマツムラメタル製のフラットケイムには、FH3~FH15までのサイズがある。一般的にはFH5~FH12位までが使われることが多く、幅が細すぎたり広過ぎ ...
 続きを読む
ステンドグラス制作
2017.08.17 Thu   2年前

【ステンドグラスパネル製作】シカの頭の骨④ – 完成

Contents1 ハンダ2 パテ3 腐食・仕上げ4 完成5 振り返り ハンダ ハンダで仮止めを行う前に、ケイムのラインを下紙に合わせて極力揃えておく。そしてハンダは、先ず表裏の点付けを行い、そのあと全面ハンダを施す。 円の4分割で組んでいる箇所のケイムを、きちんと正円に固定してハンダする必要がある ...
 続きを読む
ステンドグラス制作
2017.07.30 Sun   2年前

蝶のステンド① – 構想・デザイン

構想・コンセプト 何となく、蝶のステンドが作りたくなった。 小さめのサイズで、ケイムはFH3sを使う。 FH3は初めて使う。一番幅が細いケイムなので、これでどこまで組めるか、試してみたい。 デザイン ウェブで探せば無数に蝶の画像が出てくる。それを見て、Illustratorで沢山ラフを書く。 その中 ...
 続きを読む
ステンドグラス制作
2017.07.29 Sat   2年前

ダーウィン D.マーティン邸①デザイン【フランク・ロイド・ライト】

フランク・ロイド・ライトのダーウィン D.マーティン邸 先月ご紹介したフランシス W.リトル邸に続いて、今回もライトのスタイルを取り込んだステンドグラスをデザインしてみる。 今回のターゲットはダーウィン D.マーティン邸(Darwin D. Martin House)。これは、リトル邸の9年前、19 ...
 続きを読む
FLW, デザイン
2017.07.27 Thu   2年前

【ステンドグラスパネル製作】シカの頭の骨③ – 組み

組み 前回までで線とガラスが決まり、それでクリエイティブな行為は終わり。後はただひたすら設計図通りになるように作業するだけ。ここからが長い。 早速パネルを組んでいく訳だが、その前にケイムのシミュレーションを。 バックの円の並びを先に組んでいくのだが、円の重なっている箇所でどっちを優先するかを予め決め ...
 続きを読む
ステンドグラス制作
2017.07.22 Sat   2年前

【ステンドグラスパネル製作】シカの頭の骨② – ガラスカット

Contents1 デザイン修正2 製図3 型紙・下紙作成4 シミュレーション・色検査5 ガラスカット デザイン修正 少し間をあけてからデザインを見直したところ、あまりしっくりこなかった。ブラッシュアップを行う。これが前回のもの。 以下のように修正。 何となく、頭に王冠をかぶせた。あとはモチーフの線 ...
 続きを読む
ステンドグラス制作
2017.07.07 Fri   2年前

東京にあるオススメのステンドグラス・ベスト5

あくまで個人的な好みだが、東京で見たステンドグラスのベスト5。 公共の場にあるステンドグラスで、わざわざ休日を使って見に行く程の価値があるものは、そんなに多くはない。 Contents1 No.5小笠原伯爵邸 - 小川三知の代表作2 No.4東京国立博物館 - 略して東博3 No.3目白聖公会 -  ...
 続きを読む
ステンドグラス
2017.06.30 Fri   2年前

【ステンドグラスパネル製作】シカの頭の骨① – デザイン

構想・コンセプト 以前に制作した、背景に円を敷き詰めたパネルをもう一枚制作したい。このパネルだ。 円が敷き詰められたパネルは、ステンドグラスのデザインとしてはありがちのもの。ただ、このように隣り合った円が一本のケイムを介しているパネルは殆どない(見たことがない)。普通は2本の(それぞれの円に巻かれた ...
 続きを読む
ステンドグラス制作
2017.06.27 Tue   2年前